お知らせ

  • 投稿日
    タイトル
    本文
  • 2023年02月06日
    今月の厚別原始林通郵便局作品展示は、厚別東2条5丁目在住、髙谷嘉浩さんの写真展です。 髙谷さんは2012年7月に8泊10日間にわたりスイス・アルプスの山旅をした時に映した写真で、2016年3月に第1弾で同局に展示をしました。髙谷さん所有のパソコン内には、スイスの写真がおよそ1100点保存されており、第2弾として今回『スイス・アルプスの山旅』と題した展示が行われています。 今回は、ヨーロ...
  • 2023年01月31日
    介護予防に関する情報をお伝えします! それぞれの担当エリアは 介護予防センタ―厚別西東➡厚別北・厚別町小野幌・厚別町山本・厚別西・厚別東・下野幌テクノパーク 介護予防センタ―もみじ台➡もみじ台北・もみじ台西・もみじ台東・もみじ台南 介護予防センタ―大谷地➡厚別町上野幌・厚別南・大谷地西・大谷地東・上野幌 介護予防センタ―厚別中央・青葉➡青葉町・厚別中央・厚別町下野幌 ...
  • 2023年01月26日
    来る2023.2.11厚別西地区センターにて3年ぶりに【あつべつ紙袋ランターンフェスティバル】が行われます。この日はやわらぎ斎場厚別西では【やわらぎマルシェSP】がAM10:00~PM5:00まで行われる。両会場にはフードトラックも出ます。やわらぎ斎場厚別西でスタンプカードをもらいランターンフェス会場に持参すると、先着100名にプレゼントがもらえるというコラボ企画になっています。 飾られる紙...
  • 2023年01月13日
    [video width="1920" height="1080" mp4="http://seikatsushien.net/wp-content/uploads/2023/01/74404ed7d3e7bfb81cfadf7c3b4d1209.mp4"][/video] 月2回のお弁当配食のあじさい食堂ですが、クリスマにオードブルを配食してほしいと今回ネッツトヨタ道都さんが支援金を出して...
  • 2023年01月13日
    毎月第2、第4金曜日に地域の一人暮らし高齢者の方などに100円で弁当を配食しているあじさい食堂へ、年末最後の様子はどうかと訪ねてみると、ボランティアの方たちの中にいでたちが違う男性を発見!なんと今回大学生3名が助っ人に来てくれたとのことです。 札幌学院大学3年の松岡雅也さんと松田翼さん。北海道大学 大学院の高谷健人さんの3名です。 地域活動に興味があった3名ですが、北大の高谷さんは研究...
  • 2023年01月10日
    今月は書道教室の作品を展示しています。 以前『ボランティアのきっかけは・・・』でご紹介した田代さんもこちらのかな講座に参加したのがきっかけでした。小学生の書やかな書道、力強い大作の書などの展示と一緒に新聞紙リメイクコサージュ(田代さんの作品)がアクセントとして飾られています。 この日も、作品展を観るために厚別原始林通郵便局に来ていた方がいらっしゃいました。 今回の書道教室の展示は...
  • 2023年01月06日
    厚別東福祉のまち推進センター主催のふれあいサロン【うたごえ喫茶】が2022.12.16小野幌会館で開かれました。 毎年行われていたサロンですが、コロナの影響で2年開催できませんでしたが、今回3年ぶりの開催ということで、参加者の方も楽しみにしていたようです。 今回『うたごえ便よりみち』の石澤佳子さんが弾くアコーディオンにあわせ、さまざまな歌を参加者で唄いました。 はじめは声が出てい...
  • 2023年01月05日
    厚別区にお住いの方へ介護予防に関する情報です。 それぞれの担当エリアは 介護予防センター厚別西東⇒厚別北・厚別町小野幌・厚別町山本・厚別西・厚別東・下野幌テクノパーク 介護予防センターもみじ台⇒もみじ台北・もみじ台西・もみじ台東・もみじ台南 介護予防センター大谷地⇒厚別町上野幌・厚別南・大谷地西・大谷地東・上野幌 介護予防センター厚別中央・青葉⇒青葉町・厚別中央・厚別...
  • 2022年12月19日
    毎月の作品展、今月はどんな作品かなと厚別原始林通郵便局を訪ねてみると、【和紙ちぎり絵】と表示されていました。色鮮やかな作品を前に、同局末廣局長さんにお話を伺いました。 厚別東3条4丁目在住の下坪恵子さんは、ちぎり絵を初めて40年との事。「楮(こうぞ)の会」を作り生徒さんに教えているそうです。楮(こうぞ)とは和紙の原材料になる樹の名前だそうです。今回展示した作品は、下坪さん他、生徒さんの作品あ...
  • 2022年12月19日
    平元さんは自宅にある毛糸を使って何か作りたいと思っていた時、新聞の記事で認知症マフを知りました。                                      認知症マフは英国の病院や施設で認知症ケアに使われており、筒状のカラフルな飾りのついたニット製品です。作る人も編むことでリラックスし、認知症への理解が進むのではないかと言われ、柔らかい手触りや安心感につながり思い出を語り始める人や...


TOP