サロン

名称

カフェスペース(サロン)

投稿日:2022年06月14日|カテゴリ:サロン

活動内容 就労継続支援事業所カフェスペースでは通常のカフェのほかに地域への場所提供としてサロンを開催しています。2022年5月より週1回から週2回に増やし、地域に住んでいる方と事業所を利用して働いている人(利用者さん)たちと一緒に行われており、初めに利用者さんが先導して『楽笑体操』で体を動かしてから、火曜日は講習会・木曜日は茶話会を行っています。その中で毎月第3火曜日は【紙粘土アート交流】がおこなわれ、講師の鈴木先生をお招きして開催!参加者は無料で受講でき費用の負担はありません。講師料や材料費はスペースさんが負担しており「地域の方のためなら」と伊藤理事長が話してくださいました。皆さんお手本を参考にしながら作品を作ってます。
対象者 スペースさんへ直接来店できる方どなたでも
料金 参加費:火曜日は無料
    木曜日は茶話会なので飲み物代350円
運営者
  • 事業所類型:就労継続支援事業所
  • 運営主体:NPO法人 SPES スペース=希望
  • 担当:施設長 三味 麻有(さんみ まゆ)
ホームページ
対象地区特に指定なし
提供場所札幌市厚別区厚別東4条8丁目15-10
活動時間 毎週火曜日 PM1:00~2:00 体操と講習会(第3火曜日は紙粘土アート交流)
毎週木曜日 PM1:00~2:00 体操と茶話会(好みの飲み物を注文)
申込後の対応
地域活動 サロンなどへの場所提供と有償ボランティア
特記事項 参加される人たちは、早めに来店しカフェでランチを楽しむこともできます。日替わりメニューもあり食事を楽しんでから、食後の運動そして講習会というのもいいのではないでしょうか。
お問い合わせ先 011-898-8883 カフェスペース
情報提供者紹介
  • 情報提供者:生活支援推進員 結城
メディア

季節の合わせた作品づくり、この日は6月をイメージした「梅雨の時期」

まずは、お手本を見ながら違う色の紙粘土を合わせてこねて色作り!

「なかなかうまくいかないなぁ」などと笑いながら目をつけたり顔を描いたり・・・・

   

アレンジを加え思い思いの作品、カエルやカタツムリあじさいなどなど

 

乾くとカチカチになり、置物として飾ります。5月をイメージしたこいのぼりと柏餅

2022.5.17 取材


TOP